洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の肌分類

乾燥肌

乾燥肌の人は正しい洗顔方法で、洗顔することがとても重要になります。洗顔方法を間違うと肌へダメージにより乾燥肌が悪化することもあり、またそのトラブルの結果、敏感肌になることもあるようです。特に気をつけたいことがその肌にあるバリア機能を大事にすることなのです。できる限り優しい洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

科学物質ではなくできるだけ自然からできている洗顔石鹸を選び、保湿効果がプラスされているものを探しましょう。オリーブオイルや椿油など、肌なじみも良いホホバオイルやシアバターなどが配合されているような洗顔石鹸であれば、洗浄効果もあり肌に負担がかからない優しい石鹸で、肌の方も調子を取り戻すはずです。

まず顔を洗うときは人肌くらいのぬるま湯で、洗顔石鹸もよく泡立ててから泡で洗うようにしましょう。丁寧にやさしい洗顔をしたあとは、石鹸を残さないように丁寧にすすぎましょう。丁寧で、また肌に負担がかからないように優しく洗うことは“洗顔の基本”になります。

洗顔のあとは、清潔なタオルで押さえるように水分をふき取り、いつも使う化粧水や美容液など保湿効果があるものでケアをします。

それでも乾燥がひどい場合はなどは、洗顔石鹸が合わないとか化粧品があわないなど見直しも必要です。朝の洗顔は洗顔石鹸など使わないでぬるま湯のみで洗うことを勧めます。肌の自身の油分まで洗顔石鹸で取り去ってしまうこともありますし、肌本来の元に戻ろうとするものまでダメにすることもあります。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved