洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の肌分類

脂性肌

顔のテカリや毛穴の黒ずみ、ニキビや吹き出物がある脂性肌タイプの方。特に毎日の洗顔はスキンケアの一番のポイントになります。女性のメイクをする場合は、脂性肌の人はお化粧崩れの心配もあります。だからこそ、洗顔を丁寧にすることが、より重要になってきます。

脂性肌タイプに限らず洗顔は丁寧に、肌にダメージを与えないことは同じです。皮膚を必要以上にこすったり刺激などを与えてしまうと、肌の角質が剥がれてしまいます。保護をしている角質が剥がれると、周期が乱れて肌が硬くなります。バリア機能も乱れ、保湿力がなくなります。すると、その乱れを補うために皮脂が活発になり肌を守ろうとして、肌がべたついた状態になり、また石鹸でゴシゴシと洗うということになります。この悪循環ではいけません。

脂性肌は特に余分な皮脂などの汚れや古い角質を取り除けるように洗浄力があるけども、肌にも優しい石鹸を選びましょう!ヤシ油、パームオイルなどの配合の洗顔石鹸が良いです。帰宅後にはクレンジングと洗顔をして、肌の様子をみて洗顔石鹸で2回洗っててもいいです。洗顔をするのに30℃~32℃くらいのぬるま湯が良く、泡をたっぷり作り洗顔をし、そして、すすぎも十分にしましょう。

洗顔をした後は、油分が少ない化粧水を十分に使用します。肌上はオイリーだけど内側は水分が不足していることもあるので、水分の補給を怠らないようにします。あとはジェルや美容液などで保湿し、油分のあるクリームなどは控えます。

脂性肌は肌を改善するために生活習慣も大事になります。ストレスや夜更かしは厳禁で、特に脂っこいものを控えたり、揚げ物やナッツ、チョコレートなどは考えましょう。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved