洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の肌分類

敏感肌

敏感肌は肌トラブルを起しやすいく、皮膚は角質水分保持能力が低く皮脂膜も刺激に弱くなっています。洗顔は特に汚れと一緒に必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあるので、肌に刺激を与えないようにします。

洗顔石鹸の選び方も合成界面活性剤の配合のものは汚れが落ちやすいですが、その反面、皮膚膜まで傷つけてしまい肌まで吸収される可能性もあります。皮膚は皮脂膜によって刺激、不要なものを浸透を防ぎ保護をして、合成界面活性剤は皮膚に触れると、保護膜や細胞まで崩します。

肌を守るはずの機能さえも敏感肌やアレルギーなどの原因になりかねません。敏感肌の人は合成界面活性剤入りの洗顔石鹸をさけて、なるべく無添加成分の石鹸を選びましょう。

洗顔の仕方は自分の肌に合もので、できるだけ刺激の少ない石鹸を選びます。洗顔石鹸を手のひらにのせて、泡立てネットやスポンジなどを使い泡立てます。沢山の泡を作り顔に乗せやさしく洗顔してゆきます。Tゾーン、Uゾーン、口のまわりなど丁寧にマッサージをするように、こすったりしないようにしていきましょう。

泡が汚れと馴染むと自然と浮き上がってくるので、決してゴシゴシとしないように注意がいります。すすぎもぬるま湯で十分に洗い流してください。おでこや、小鼻まわりなど、石鹸が残らないようにすすぎ、最後にタオルで抑えるように水分を取りましょう。乾燥肌の人は肌の潤い成分までなくなり、さらに敏感肌になる可能性もあるので、一日朝と晩の2回くらいの洗顔にしましょう。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved