洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の肌分類

普通肌

自分の肌は、脂性肌でも乾燥肌でもない、混合肌でもない普通の肌だと思っていても本当のところ違うこともあります。洗顔などのスキンケアを正しくしてよい環境にしましょう。

普通肌とは、角質層の水分量と皮脂の分泌量の両方がバランスが良い人で、適度に保たれ状態で肌質は、肌トラブルも起こしにくい健康な肌だといいます。ただ、界面活性剤や保存料、着色料などの添加物は健康な状態であっても肌を傷める原因になります。

洗顔石鹸は自分にとって何が必要で、不要なのか。なるべく肌に負担をかけずに汚れをしっかり落とすということを洗顔石鹸に求めません。また、メイククレンジング効果まで求めないです。美白とかも不要です。無添加・ナチュラル・植物性成分配合などあるけれど、まずは成分表示をチェックします。美肌を保つためにも無添加の洗顔石鹸を選ぶよう心がける必要があります。

まずは、洗顔石鹸をぬるめのお湯でしっかりと泡立ててます。その泡を手や指で直接肌を擦らないように、最初に脂質の多いTゾーンから洗っていきます。Uゾーン、口のまわりや目のまわりなど順番に洗っていきます。そして髪の生え際までしっかりすすいでいきます。

洗顔後はできれば柔軟剤を使わない洗濯したやわらかいタオルで、軽く肌を押さえるように水気を取ります。決してゴシゴシこすって拭かないようにし、肌を傷つける原因になります。 美肌を目指すのであれば、なるべく肌に優しい洗顔石けん選びますが、もちろん、泡洗顔によって優しく汚れを洗い流すことは肌質に関係なく大事なことになります。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved