洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の肌分類

セラミド

セラミドとは人の肌の表面で外からの刺激を守る皮膚の角質層の重要成分であり、角質のバリア機能を構成しています。角質細胞間脂質はいろいろな脂質が混ざり合ってできていて、約40%がセラミドになります。外界よりの刺激から肌を守る役目をするセラミドは、セラミドなのどの脂質が水と統合し肌の水分を保持しています。

しかし、セラミドは加齢と共に減少しているので、肌は徐々に乾燥しやすくなります。ですから、セラミドの積極的な摂取が必要になってくるわけです。

セラミドを補うことで、さまざまな侵入物質から肌を守り、また乾燥肌や肌荒れなどのトラブルを助け、理想の美肌状態を保てるようにすることがスキンケアの重要なポイントといえます。 年齢とともに肌の老化は避けられないもので、特に女性ならば若々しくハリのある素肌を保ちたいものです。洗顔をする前に、手のひらや甲、指や爪などの汚れをしっかり落とします。洗顔の前に30度ぐらいのぬるま湯で顔の下洗いをします。少し冷たく感じますが、暖かく感じる温度は肌に負担をかかり逆に乾燥してしまいます。

洗顔前に手のひらできめ細かい泡を作り油分が気になるところから順番に洗っていきます。顔の中心から外側に向かって手のひらや指が直接肌に触れないように、泡を広げていきます。目の回りは最後に丁寧に仕上げます。

最後にすすぎですが、あごから頬に向かって、鼻からこめかみに向かって、眉間からおでこに向かってぬるま湯でゆっくりとすすぎます。この方向を間違えると、頬のたるみやおでこや目元のしわの原因になってしまいます。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved