洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

種類

洗顔料は大きく分けると、洗顔フォームタイプと洗顔石鹸が主流になっているようです。他に洗顔パウダーや洗顔ジェルや洗顔オイルなどもあります。

ジェルやフォームのタイプの洗顔料はチューブに入ったものが多く、使いやすくもっとも普及しているタイプです。また、使いやすのか手の上で泡立てることなく、顔にそのまま直接つけて顔の上で泡立てようとする人も多いようです。

ジェルタイプのように洗浄力が高く泡立ちが良いために、すすぎ不足でぬるぬるした石鹸の洗い残しを、保湿感と間違えてしまう人も少なくないようです。洗顔フォームは、石油系で優れた洗浄効果がある合成界面活性剤が添加されているために、強引に油分を分解し洗い流してしまう効果があるため刺激が強く、肌が弱い人は不向きです。

細かいパウダータイプや、泡タイプ洗顔料では、酵素の効果を活かすためパウダー状になっている反面、実際に水を混ぜ泡を作ること自体が難しい場合もあります。 泡のタイプは押すだけで泡がでるタイプなので、泡立てに自信のない人や時間がない人にもお勧めになります。しかし値段が高めなのも商品ではあります。

固形洗顔石鹸は透明なものと不透明なものがあります。白い石石鹸は、普通はオイルベースで出来ていて洗浄力が強めでさっぱりはします。また、透明な石鹸は洗浄力が弱めで、保湿成分が多く、洗い上がりがしっとりとします。適度な汚れ、皮脂や毛穴から老廃物を取り去る石鹸は、安心して使える洗顔料といえましょう。純度が高い石鹸は肌にはやさしいですが、必ず石鹸素地から石鹸カスが生じ、洗い残すと毛穴に詰りトラブルの原因となります。 洗顔石鹸はいろいろな天然原料を元に作られていることが多いため、水気を切って乾燥させて保管しておきます。固形石けんは、キメの細かい豊富な泡量に調節できるので、角質層のバリア機能を奪いすぎない優しい洗顔料です。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved