洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

効果

洗顔石鹸の働きは、汚れを洗い落とすことですが、それと同時にいかにきめ細かく泡立てるができるか、必要な泡をボリュームのある泡立てができるか・・・ということもいえます。

効果的な洗顔方法は、その十分に泡立てる手間を惜しまずにすることが重要になってきます。理想的なのはホイップクリームのようなきめ細かな泡です。石鹸の種類や成分、また形状などによっても泡の滑らかさやボリュームなどはの違いがあります。

丁寧に丁寧に泡を立てると、手のひらにシュークリームのような大きさの泡を立てることが可能です。理想的な泡立てができれば、かなりの洗浄効果も得られるはずです。しっかりと洗顔ができていないと感じる時は、泡の立て方も見直す必要がありそうです。ネットを手のひらに載せ、その上に石けんを載せ、濡らした石けんをネットにこすりつけます。石鹸を取り、ネットを両手でこすりあわせると、意外と簡単にクリーミィな泡ができます。

早速作った泡で顔を洗っていきましょう。まずは髪をまとめ洗い安い状態にして、最初に手を洗ったり、ぬるま湯で素洗いをします。それから、泡で顔をまるで包むようにしてTゾーン辺りから、中央から外向きへ泡で優しく洗います。そして頬やあごへと、Uゾーンを順番に進みましょう!決してこすらない様に、肌にはなるべく触れない程度に優しく丁寧に洗っていきましょう。鼻の周りや額など、頬も両手でマッサージをするようにゆっくりと滑らせます。

最後にすすぎですが、ぬるま湯や水で泡が残らないように、丁寧にすすぎましょう。熱い湯は油脂まで取り除く可能性が高いので適正ではありません。人肌のぬるま湯で洗い残しがないよう鏡なども見ながらしましょう。後は、清潔なタオルを擦らず押し当てる感じで水分をふき取りましょう。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved