洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の性質

弱酸性

肌荒れがあると洗顔石鹸をどんなものを使うのか悩んでしまいます。洗顔石鹸は直接肌に触れるものですし、毎日利用するものですから、なお更き気遣いします。化粧水や乳液だけではなく、洗顔石鹸を変えることで肌の状態までも変わることが多々あるようです。

肌荒れの肌に選ぶ洗顔石鹸として、弱アルカリ性、弱酸性のものを使うことがありますが、弱酸性の石鹸は多くの人の肌に合うマイルドな使い心地です。保湿系の働きもあり、乾燥などが原因で肌荒れがあるときは弱酸性の洗顔石鹸が良いです。

一方で弱酸性は使い心地やさしい分、化粧品などの汚れが落ちないこともあり、脂性肌などが原因で肌荒れがあるときは、顔の余分な油分を落とせないままの状態です。油分が残ったままのあと、化粧水などスキンケアをしても悪い常態なために効果が発揮できません。

そんなときには、弱アルカリ性の洗顔石鹸がお勧めになります。弱アルカリ性は弱酸性の洗顔石鹸とは、逆の働きで、使い心地はサッパリしていて汚れを落とすことが中心の働きをする石鹸です。

肌の状態というものが、その時々により異なりますので、乾燥肌の人には弱酸性で、脂性肌の人には弱アルカリ性が良いとは言い切れませんが一つの目安になります。洗顔石鹸などのパッケージに書いている弱酸性、弱アルカリ性と記載がるので十分にチェックをし買い求めましょう。肌荒れがあるときは刺激の強いものや、すごくさっぱりするタイプの洗顔石鹸はさけるべきです。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved