洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の性質

無添加

赤ちゃんやアトピー、乾燥肌や敏感肌の向けの無添加石鹸ですが、ここ最近大変に注目されています。単純に無添加石鹸といっても、いろいろな種類があります。石鹸は主原料であるオイルの品質により、無添加石鹸の品質が左右されます。完全無添加とは、あらゆる化学合成添加物や 合成界面活性剤を使用していないものになります。

無添加の洗顔石鹸に使われるオイルには、動物性のものと、植物性のものがあり、主に市販されている無添加石鹸には動物性のオイルが使用されていることが多いようです。動物性の洗顔石鹸は、敏感肌の人には不向きな不純物を多く含んでいてトラブルになることが多いので、石鹸の成分表などを見て気をつける必要があります。

しかし植物から抽出したオイルの洗顔石鹸は、肌にやさしい天然成分で作られていますし、しかも汚れをしっかり落とします。今まで無添加の洗顔石鹸を使用していて、トラブルがある人は石鹸が肌に合わないのかもしれません。

特に敏感肌や乾燥肌の人は、動物性のものは肌荒れの原因になることもあるので、植物性の洗顔石鹸を選ぶように注意しましょう。

手間がかからず、コストを安く仕上げるためには洗顔石鹸の品質を下がります。人の手によって丁寧に作られる無添加の洗顔石鹸は、手間がかかる分、少量しか作れずに、また単価も高くなりまが、品質の良さが分かるので安心できるものです。 無添加の洗顔石鹸を見極めるポイントは、無添加だけにこだわらず、品質をみることが重要になります。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved