洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の特質

にきび

ニキビ・吹き出物の原因として、皮脂の分泌が多いこと、遺伝的な要素、外気のほこりや排気ガスなどの汚れ、バリア機能低下で角質が硬化、ストレスや睡眠不足や油分のある食事の過剰な摂取、長時間のメイク、間違ったスキンケアなど考えられます。原因があり毛穴がふさがれてアクネ菌が繁殖し炎症をおこします。

10~20代の皮脂量が増える年代も、ニキビができやすくなります。【顔全体にできやすい人】正しい洗顔をすることは大事で、肌に最近、汚れをつけないこと、シーツや枕など清潔に、また食生活や睡眠時間などが乱れないように見直すことです。洗顔は朝・昼・晩の3回行うことが理想です。

【鼻・あご・おでこにできやすい】Tゾーンにできやすいひとは、皮脂腺が顔の真ん中に集中していて、髪の毛が当たるおでこなどは汚れが付きやすく、ニキビができやすい状態になります。髪の毛の整髪も注意して、洗顔の回数は、朝・昼・晩の3回が理想です。【頬にできやすいタイプ】手を触ったりすることが多いので、手も清潔に保ち、またそのことを気にするとストレスになり逆効果です。

洗顔は朝・昼・晩の3回行うことが理想です。【乾燥ニキビができやすい】ニキビと乾燥肌の対策を同時にする必要があります。刺激物が配合されていない肌にやさしい石鹸を使い洗顔します。あとで保湿効果がある化粧品を利用します。洗顔は朝・晩の2回が基本です。

薬用の洗顔石鹸や無添加のニキビ専用洗顔石鹸などがあり、肌にあったものを使います。幾つか試して肌に負担がないものを探します。洗い方はなるべく細かな泡を手の上でしっかりつくり洗います。後のすすぎも十分に行います。毎日のニキビ洗顔と、洗顔後のスキンケアも重要になります。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved