洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の特質

美肌

毎日の洗顔で、洗顔石鹸は美肌つくりの原点だといえます。一つ目に硬い石鹸選び。2つ目に、正しい洗顔テクニックで効果を引き出すことは可能でしょう。

洗顔石鹸には、固形の石鹸とチューブなどのクリーム状の洗顔フォームに分けられます。最近では、洗顔フォームを使う人が増え、人気の理由としては使いやすいことがあげられます。つっぱり感がある固形洗顔石鹸は、洗顔フォームと比べると泡立ちも悪く、泡立つのに時間もかかることなどが敬遠されがちです。

しかし、多くの皮膚科の医師や美容に関係している人は、固形洗顔石鹸を薦めるようです。 まず、洗顔フォームは界面活性剤すなわち、水と混じらないものや溶けないものを、水と混じり易い形や水に溶けたような形にしたもの界面活性剤が配合されており、皮膚表面のたんぱく質を溶かし、皮脂を必要以上に落としてしまうのです。

すると、角質層がもろくなることにより、顆粒層も壊れやすく表皮の壁が壊れてしまいのです。洗浄能力が強い割には、つっぱり感を感じられないのは、界面活性剤の成分が洗顔後にも皮膚に残しているからだといえるのです。つまり、洗顔フォームを使うことは肌を弱くしていることなのです。

それに対して、固形の洗顔石鹸というのが水の粒子をつかまえる力が少ないために、肌の水分自体がなくなり、弱点にみえるつっぱり感になるのです。実はこのつっぱり感は肌の汚れが落ちたことなので、肌の表面にダメージを受けたわけではないのです。 ですから、肌のことを考えると洗顔石鹸を選ぶことがとても重要になります。界面活性剤が配合されていないこと、ミネラル配合でよく泡立つけれども泡切れのよい手早く洗い落とせる洗顔石鹸を選ぶと良いでしょう。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved