洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の特徴

液体

使いやすく便利で洗い上がりがつっぱる感じも少ない洗顔フォームは、誰にも人気のある洗顔料です。洗顔石鹸は肌にも優しく汚れもよく落としてくれますが、泡切れが悪いためすすぎを念入りに行う必要があります。

その点、人気の洗顔フォームは殆どが泡切れもよく、肌がつっぱる感じもなくしっとりと仕上がります。また洗顔フォームはチューブやボトルに入って便利で持ち運びもしやすいので、旅行や外泊するときも便利です。

洗顔石鹸を利用すると、つっぱったような使い心地がありますが、だいたいの洗顔フォームは洗い上がりがしっとりしています。保湿力のある洗顔フォームを選ぶことが、正しい洗顔料の選び方だと思っている人もいるようです。それは少し違うようです。

実は、洗顔フォームで保湿を感じるのは、成分に含まれている油分が原因で、もともと肌の保湿というのは、水分によって補うものだからです。ですから、洗顔フォームに含まれている油分により、保湿されたと喜んでしまってはいけません。洗顔料に保湿を求めるのではなく、肌への水分補給は洗顔後の化粧水などで補うというのが賢明といえます。化粧水は保湿重視にし、洗顔フォームはしっかりと汚れ落とすタイプを選ぶ方がよいようです。 洗顔フォームが肌によくないとされるのは、合成界面活性剤が使われているからです。乳化剤として、油脂成分と水を混ぜ合わせて作っていて、人体にも環境にも影響は良くありません。

植物油脂が配合されている自然派商品である品物もありますが、合成界面活性剤が入っていては意味がないです。 それに比べ洗顔石鹸の多くは、合成界面活性剤の代わりに植物由来のオリーブ等から抽出した天然成分が入っているので、とても肌に優しく肌質を選びません。肌の白さを気にする人や、肌質が敏感な人はぜひ洗顔石鹸を見直して下さい。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved