洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の特徴

比較

人気のある洗顔石鹸を比較してみました。 よか石けんの命である火山灰を、とても細かく微粒子化した火山灰シラスが特徴なのです。当然火山灰は地層から出てくるので、地層の良いミネラル成分をたっぷりと含んでいるために、そのミネラル分を肌にも吸収できるわけです。

毛穴からは実は皮脂が分泌されるので、皮脂と一緒に古い角質など、または老廃物が一緒になり、どんどん毛穴の汚れが酷くなります。しかし、火山灰の長所を上手く利用して、しつこい毛穴の汚れを取り去り、ニキビや肌荒れの発生を抑えますので、フラットな肌へと導くのです。肌の洗浄とともに美容効果を得ることができます。

池田さんの石鹸の特徴は、全く添加物を使用しない天然素材だけで作り上げています。窯焚き石けんって聞いたことありませんけど、合成界面活性剤も、香料も、保存料や発砲剤が本当に入っていないので安心石鹸なのです。敏感肌の人でも安心して使える石けん作りがされていて、原材料には天然馬油をベースに、はちみつやお茶、竹炭など食べられる素材ばかりが使用されています。

肌に無用な刺激を一切与えない、また汚れだけを上手に除去し、健康的な肌を保ちます。100%九州産馬油を使用いますが、馬油は人の皮脂に非常に近い性質を持っていて、肌なじみがよく、さらっとした使い心地なのに保湿効果にも優れた低刺激性石けんとなっています。

ショコラ・ド・バーンはフランス語でお風呂のチョコレートの意味で、敏感肌の人は刺激を与える成分があると、たちまち敏感に反応し炎症やかゆみを覚えます。この洗顔石鹸は肌の炎症や湿疹に有効な数種類の天然オイルをブレンドしたオリジナルオイル成分を厳選して配合しているからです。エクストラバージンオリーブオイル、アーモンドオイル、パームオイル、ココナッツオイル、ホホバオイル、ローズヒップオイル、アボカドオイル、そして月見草オイルなど研究された8つの天然成分です。アトピーや敏感肌の人もトラブルなく安心して使える肌にやさしい洗顔石鹸です。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved