洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の基礎知識

洗顔石鹸の性質

洗顔石鹸の働き

洗顔石鹸の特質

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の肌分類

洗顔石鹸の必要性

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の特徴

保湿

肌にもともと備わっているバリア機能は、紫外線や乾燥などの刺激から肌を守ります。バリア機能は潤いバリアといわれ、皮脂やセラミドが表皮を覆い表皮の大事な角質層を守っています。

しかし、皮膚バリアが衰えると表皮の潤いがなくなり、紫外線や乾燥などの外的な刺激にも弱くなります。そして、真皮層・皮下組織へのダメージが気になるようになります。皮膚の3層で構成される表皮・真皮・皮下組織は、加齢と共にしぼみや、くぼみの肌になってきますので、皮膚の乾燥や老化が始めると特に目立ってくるものが、シワやシミ、たるみなどになるのです。

ですから、それを守るために表皮の潤いバリアを保ち、真皮層以下にまでダメージがないようなケアをして皮膚の老化自体を防ぎます。たとえば、洗浄力の強すぎる洗顔石鹸を繰り返し使ったりすると、バリア機能は非常にデリケートなので、皮脂やセラミドが汚れと一緒に洗い流され、バリア機能がはがされてしまうのです。刺激の強い化粧品を使い続けたりするのもマイナスです。

洗顔は汚れを落とすこと目的ですが、洗浄成分が強すぎると肌の皮脂などの潤いまで奪ってしまい、肌荒れや乾燥を起こす原因になります。肌にとって乾燥すると肌のキメが乱れ、かさつきが気になったり、または吹き出物ができたりなどのトラブルになることもあるのです。美肌の基本は洗顔のさいにも保湿はとても重要になります。

洗顔石鹸は洗浄力の高さも重要ですが、洗浄力よりも肌にやさしく、皮脂など洗いすぎない石鹸を選ぶことが皮膚の老化を防ぐことも覚えておきましょう。

Copyright (C) 洗顔石鹸の選び方 All Rights Reserved